駅伝

駅伝

第98回箱根駅伝2022/日体大のエントリーメンバー!順位や結果・実績まとめ

Sponsored Link

箱根駅伝2022が1/2(日)と1/3(月)に開催されます。

今大会で98回目となります。

出場チームは、2022年の第98回箱根駅伝でも例年通り、シード校10校と予選会突破校10校に加え、関東学生連合を合わせた21チームです。

その中で今回は前回大会14位で、予選会から出場権を獲得した日体大(日本体育大学)についてまとめます。

予選会では3位になり、チームの雰囲気もとても盛り上がっているようです。

第98回箱根駅伝2022に出場する日本体育大学(日体大)のエントリーメンバーや過去の成績、チームの特徴などをまとめていきます。

第98回箱根駅伝2022/日体大のエントリーメンバー

第98回箱根駅伝2022日体大(日本体育大学)のエントリーメンバーは分かり次第追記いたします。

昨年は、12月10日にエントリーメンバーが発表されました。

 

 

日体大の主将は、岡嶋 翼選手4年生です。

副主将は大内 宏樹選手4年生です。

 

注目選手は激坂最速王決定戦2021の登りの部で3位に入った吉冨 純也選手 2年生です。

箱根駅伝第5区の上り坂区間での勝負に期待がかかります。

 

 

参考までに昨年2021年箱根駅伝のエントリー選手を紹介します。

  • 1区 藤本珠輝 2年
  • 2区 池田耀平  4年
  • 3区 岩室天輝  4年
  • 4区 岡嶋翼   3年⇒福住賢翔 4年
  • 5区 村越凌太  2年
  • 6区 菅沼隆佑  4年
  • 7区 亀田優太朗 4年⇒森下滉太  4年
  • 8区 嶋野太海  4年⇒大内宏樹  3年
  • 9区 野上翔大  4年
  • 10区 名村樹哉   2年

※⇒は当日変更選手です。

 

(補欠)

  • 大内一輝  4年 
  • 佐藤慎巴  3年 
  • 盛本聖也  2年

 

参考

  • エントリーメンバーの変更は、往路、復路共に、当日の午前6時50分まで可能。
  • 当日変更できる人数は往路、復路2日間で計6人です。
  • 1日に変更が可能なのは最大4人までです。

 

⇒箱根駅伝2022グッズの購入方法はコチラ

 

第98回箱根駅伝2022予選会のタイムと結果

参考までに日体大の箱根駅伝予選会のタイムと結果をまとめます。

日体大は昨年の箱根駅伝で総合14位だったので箱根駅伝出場をかけて予選会に出場しました。

箱根駅伝予選会 2021年10月23日

 

選手 着順 タイム
藤本珠輝(3) 15位 1:02:55
盛本聖也(3) 42位 1:03:36※自己ベスト
佐藤慎巴(4) 58 1:03:51※自己ベスト
名村樹哉(3) 66 1:03:55※自己ベスト
大内宏樹(4) 67 1:03:56
加藤広之(4) 71 1:03:57※自己ベスト
岡嶋翼(4) 73 1:03:57
大畑怜士(4) 91 1:04:12※自己ベスト
漆畑徳輝(2) 120 1:04:35※自己ベスト
村越凌太(3) 125 1:04:38
九嶋大雅(3) 140 1:04:46※自己ベスト
分須尊紀(1) 157 1:05:09

※()は学年です。

予選会への参加は12名で、記録は上位10名の合計タイムで争います。

一斉にスタートして合計タイムで競います。

総合タイム: 10時間39分32秒

日体大は総合タイムで3位になり、箱根駅伝出場を決めました。

予選会で7人ものメンバーが自己ベストを更新しているので調子はかなり上り調子なのではないでしょうか!

 

ちなにみ第98回箱根駅伝予選会の順位は以下の通りです。

箱根駅伝出場を決めたのは上位10校です。

  • 1位 明治大学
  • 2位 中央大学
  • 3位 日本体育大学
  • 4位 山梨学院大学
  • 5位 神奈川大学
  • 6位 法政大学
  • 7位 中央学院大学
  • 8位 駿河台大学※初出場
  • 9位 専修大学
  • 10位 国士舘大学

2022箱根駅伝予選会への出場校は全部で41校でした。

 

日体大陸上部の長距離選手一覧は下記から確認できます。

⇒日体大駅伝ブロックの公式サイトはコチラ

※学年ごとに確認できます。

 

箱根駅伝予選会のメンバーの上位選手が選ばれる可能性が高そうですね。

 

⇒箱根駅伝2022をスマホで視聴する方法はコチラ

 

日体大の監督の経歴

  • 名前:玉城良二(たまきりょうじ)
  • 生年月日:1961年7月7日
  • 出身地:長野県
  • 出身高校:長野県立吉田高校
  • 出身大学:日本体育大学

日体大の玉城監督は、日体大OBです。

玉城監督の箱根駅伝の実績は、4年生の時に10区3位という成績を収めています。

84年に日体大を卒業後は、長野県の高校の体育教員になりました。

主に女子チームを指導し、全国高校女子駅伝に計23回出場に導いた実績があります。

 

2020年7月からは日体大の駅伝ブロックの監督に就任し、2021年、2022年の箱根駅伝への出場に導いています。

玉城監督は男子チームの監督になるのは初めてでしたがきめ細かい指導には定評があります。

 

ちなみに、娘さんのかんなさん(24歳)は強豪、三井住友海上の長距離選手です。

 

第98回箱根駅伝2022順位や結果まとめ

第98回箱根駅伝2022の日体大の順位や結果は分かり随時追記いたします。

 

 

参考までに昨年の箱根駅伝の各区間の順位やタイム・記録を紹介します。

昨年の順位、タイム、結果はコチラ↓

  • 往路:15位 5時間36分38秒
  • 復路:13位 5時間33分46秒
  • 総合:14位 11時間10分24秒

 

往路

区間 名前 順位 タイム
1区 藤本珠輝2年 8位 1:03:22
2区 池田耀平4年 3位 1:07:14
3区 岩室天輝4年 11位 1:04:40
4区 福住賢翔4年 17位 1:05:31
5区 村越凌太2年 16位 1:15:51

 

復路

区間 名前 順位 タイム
6区 菅沼隆佑4年 17 1:00:22
7区 森下滉太4年 9 1:15:51
8区 大内宏樹 3年 17 1:07:06
9区 野上翔大4年 5 1:04:25
10区 名村樹哉 2年 17 1:12:04

2022年の箱根駅伝の戦いも楽しみです。

 

日体大の箱根駅伝の優勝歴や実績は?

箱根駅伝の日体大の優勝歴や実績をまとめます。

日体大は、箱根駅伝の歴史は古く、第98回箱根駅伝で、歴代最長記録となる74年連続74回目の出場です。

優勝回数は10回を誇ります。

  • 第45回
  • 第46回
  • 第47回
  • 第48回
  • 第49回
  • 第53回
  • 第54回
  • 第56回
  • 第59回
  • 第89回

1983年の第59回大会後からは安定して上位の成績を残していましたが、90年代に入ってからは順位が落ち、シード権獲得も逃す年もありました。

低迷期を乗り越え、2013年の第89回箱根駅伝で30年ぶりに総合優勝を飾っています。

 

過去4大会の実績です。

年度 総合順位 総合タイム 往路順位 往路タイム 復路順位 復路タイム
第97回2021年 14位 11:10:24 15位 5:36:38 13位 5:33:46
第96回2020年 17位 11:10:32 18位 5:34:35 18位 5:35:57
第95回2019年 13位 11:12:17 16位 5:36:33 9位 5:35:44
第94回2018年 4位 11:09:28 7位 5:33:47 3位 5:35:41

日体大は過去4年の間では2018年の箱根駅伝で4位になったのを最後に以降はシード権を逃しています。

 

 

直近の大会2021年11月6日と7日に行われた「全日本駅伝」では総合15位になっています。

予選会では自己ベストを出す選手が7人もいたので本番の戦いも楽しみです。

 

まとめ

第98回箱根駅伝2022の日体大のエントリーメンバーや順位・結果などをまとめてきました。

日体大は箱根駅伝の歴史は古く、74年連続74回目の出場となります。

ここ数年間シード権獲得を逃しているので今年はシード権獲得&優勝を目指してほしいですね。

メンバー発表があり次第追記していきます。

Sponsored Link

Sponsored Link

-駅伝

© 2021 ブログ日和