駅伝

駅伝

箱根駅伝を題材にした小説は?ファン必読の4冊を紹介!

Sponsored Link

毎年お正月に欠かせないのが「箱根駅伝」。

各校10人が決死につないでいくタスキには様々なドラマがあり、涙なしでは観戦できませんね!

今回は箱根駅伝を題材にした小説を4冊ご紹介します。

ファン必読という事でこちらも感動して涙なしでは読み切れないですよ!

箱根駅伝を題材にした小説は?

箱根駅伝を題材にした小説は数多く発売されています。

その中でも人気の4作品をピックアップしました。

  • 風が強く吹いている 三浦しをん
  • チーム 堂場瞬一
  • 冬の喝采 黒木亮
  • タスキメシ 箱根 額賀澪

 

最近ではコチラも話題を呼んでいます。

「半沢直樹」などの小説で有名な池井戸潤さんの連載小説『俺たちの箱根駅伝』が週刊文春にて連載されています。

週刊文春を毎週読まれている方は要チェックです!

第1話は11月4日発売の「11月11日号」です。

 

\第1話掲載の週刊文春を楽天で確認する/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊文春 2021年 11/11号 [雑誌]
価格:440円(税込、送料無料) (2021/11/7時点)

楽天で購入

 

 

箱根駅伝ファン必読の4冊を詳しく紹介

先ほど紹介した4冊を詳しく紹介していきます。

それぞれの小説に充てられたスポットライトが異なるためどれもいろんな角度から楽しめる一冊となっています。

 

①風が強く吹いている 三浦しをん

風が強く吹いているは三浦しをんさんの箱根駅伝を題材とした小説です。

 

\楽天で確認する/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

風が強く吹いている (新潮文庫 新潮文庫) [ 三浦 しをん ]
価格:1045円(税込、送料無料) (2021/11/7時点)

楽天で購入

 

 

あらすじ

箱根駅伝を走りたい――そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何? 走るってどういうことなんだ? 十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ること(=生きること)に夢中で突き進む。自分の限界に挑戦し、ゴールを目指して襷を繋ぐことで、仲間と繋がっていく……風を感じて、走れ! 「速く」ではなく「強く」――純度100パーセントの疾走青春小説。

 

箱根駅伝と言えばこの小説!と言われるぐらい有名な作品です。

すでに漫画化、アニメ化、実写映画化もされていて多くの方にすでに知られた作品となっています。

 

怪我によって一線を退いた元一流ランナーが1年後の箱根駅伝出場を目指して駅伝部の立ち上げからスタートしていく物語。

一年を通した練習、箱根駅伝の予選会、箱根駅伝本線の流れで進行していく一冊で、箱根駅伝ファンなら読むべき1冊です。

 

まさにスポ根の王道展開の物語で、涙なしでは読み切れない一冊です。

 

Amazonで確認する

 

 

アニメと映画の動画配信はコチラで詳しく解説しています↓

コチラもチェック
キラキラ音符
第5回ももいろ歌合戦2021のチケットの発売日はいつ?種類や値段・購入方法まとめ

2021年今年で第5回目を迎えるももいろ歌合戦。 昨年は無観客で行われましたが、今年は有観客での開催が決定しました。 今年の会場は日本武道館です。 毎年大盛り上がりをみせるももいろ歌合戦を直接生で観覧 ...

続きを見る

②チーム 堂場瞬一

チームは、堂場瞬一さんの箱根駅伝を題材にした小説です。

 

\楽天で確認する/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チーム 堂場瞬一スポーツ小説コレクション (実業之日本社文庫) [ 堂場瞬一 ]
価格:754円(税込、送料無料) (2021/11/7時点)

楽天で購入

 

あらすじ

箱根駅伝出場を逃した大学のなかから、予選で好タイムを出した選手が選ばれる混成チーム「学連選抜」。
究極のチームスポーツといわれる駅伝で、いわば“敗者の寄せ集め”の選抜メンバーは、何のために襷をつなぐのか。
東京~箱根間往復217.9kmの勝負の行方は――選手たちの葛藤と激走を描ききったスポーツ小説の金字塔。
巻末に、中村秀昭(TBSスポーツアナウンサー)との対談を収録。

 

こちらも箱根駅伝を題材として有名な小説です。

「学連選抜」にスポットライトを当てた物語で、寄せ集めの急造チームで挑む選手たちの人間ドラマが魅力の一冊。

特に選手たちの葛藤を描いている心理的描写は臨場感たっぷりで物語の世界に引き込まれていきます。

リアル志向の小説となっているのでより心に響く一冊となっています。

 

また、「ヒート」と「チームⅡ」と続編もあるので読み応えはかなりあります。

 

 

\Amazonでチームを確認するkindle版もチェック/

Amazonで確認する

 

③冬の喝采 黒木亮

冬の喝采は 黒木亮さんの箱根駅伝を題材にした小説です。

 

\楽天で確認する/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

冬の喝采(上) 運命の箱根駅伝 (幻冬舎文庫) [ 黒木亮 ]
価格:796円(税込、送料無料) (2021/11/8時点)

楽天で購入

 

あらすじ

北海道の雪深い町に生まれ育った少年が、ふと手にした陸上競技誌。その時から走る歓びに魅せられ、北海道中学選手権で優勝するまでに成長するが、それは奇妙な運命をたどる陸上人生の始まりに過ぎなかった。親友の死、度重なる故障、瀬古利彦という名選手との出会い、自らの出生の秘密……。走ることへのひたむきな想いと苦悩を描く自伝的長編。

 

著者の黒木亮さんは元箱根ランナー。

元箱根ランナーによる自伝小説です。

上・下巻の全2巻です。

 

元ランナーとして描く物語はリアルそのものです。

名門・早稲田大学の競争部に所属していた著者がテレビで見る華々しい箱根駅伝の裏側の厳しさに焦点をあて、鬼監督の厳しい指導や故障に苦しむ日々を淡々と綴っています。

また、同時期に大エースとして活躍していたチームメイト瀬古利彦さんに関する描写が多い事も箱根ファンにとっては嬉しい所。

箱根駅伝の裏側を知りたい人におすすめの一冊です。

 

 

\Amazonで冬の喝采を確認するkindle版もチェック/

Amazonで確認する

 

④タスキメシ 箱根 額賀澪

タスキメシ箱根は 額賀澪さんの箱根駅伝がテーマの小説です。

 

\楽天で確認する/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タスキメシ 箱根 [ 額賀 澪 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/11/8時点)

楽天で購入

 

あらすじ

あの眞家早馬が「駅伝」の世界に戻ってきた!
大学卒業後、管理栄養士として病院で働いていた早馬は、紫峰大学駅伝部のコーチアシスタント兼栄養管理として、部員たちと箱根駅伝初出場を目指すことになる。高校時代、大学時代も陸上の名門校で長距離走選手として期待されたものの、怪我から思うような成績を残せなかった早馬。その背景にあった、嫉妬、諦め、苦い思い――。数々の挫折を経験した者として部員たちに寄り添い、食の大切さ、目標達成の楽しさを伝えようと奮闘する早馬。そんな彼のことをキャプテンの4年生、仙波千早は最初は受け入れられずにいたが……。
一度も箱根駅伝に出場できない弱小チーム。でも、だからこそ、「箱根駅伝に出たい」「箱根を走らせてやりたい」。徐々にひとつになっていく千早たち部員の熱い願い、そして早馬が見つけた新たな夢は、果たして叶うのか――。
臨場感溢れる箱根駅伝本戦の描写とともに、丁寧に描かれるそれぞれの心情。エリートではない若者たちの夢、苦悩、様々な思いが、箱根路を駆け抜ける!

 

タスキメシ箱根は、前作「タスキメシ」の続編として箱根駅伝を題材にした小説です。

前作の主人公早馬が紫峰大学駅伝部のコーチアシスタント兼栄養管理として部員たちと箱根駅伝を目指していく中で、様々な苦悩の中、箱根駅伝出場を目指していく物語。

弱小チームの部員たちの夢、苦悩なども描かれ、臨場感あふれる物語となっています。

 

\Amazonでタスキメシ箱根を確認するkindle版もチェック/

Amazonで確認する

 

前作のタスキメシもおすすめ!

\楽天で確認する/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タスキメシ [ 額賀 澪 ]
価格:825円(税込、送料無料) (2021/11/8時点)

楽天で購入

 

 

まとめ

毎年ドラマが生まれる箱根駅伝。

そんな箱根駅伝を題材にした小説を4冊紹介してきました。

ファン必読という事でまだ読まれたことがない小説は是非一度手にとってみてください。

小説でしか味わえない物語が詰まっています。

Sponsored Link

Sponsored Link

-駅伝

© 2021 ブログ日和