背景ピンク

エンタメ

黒木華の演技力が凄いと言われる理由を調査!今までの出演作も紹介

Sponsored Link

黒木華さんの演技力が凄い!とよく話題になりますが、その演技力はどのように培われたんでしょうか?

「黒木華さんの演技力が凄い」と言われる理由について調査します。

また、数々の作品に出演されている黒木さんの今までの出演作についてもまとめていきます。

黒木華のプロフィールと経歴

  • 名前(本名):黒木華(くろきはる)
  • 生年月日:1990年3月14日
  • 出身地:大阪府高槻市
  • 身長:164cm
  • 血液型:B型
  • 出身高校:追手門学院高等学校卒業
  • 出身大学:京都造形芸術大学 芸術学部映画学科俳優コース卒業
  • 所属事務所:パパドゥ
  • 家族:父親、母親、弟(3歳下)

 

黒木華さんは大阪府高槻市出身で、子供の頃から芝居や演技が好きで、女優になるのが夢だったそうです。

高校は、演劇で全国大会でも優勝経験のある追手門学院高等学校に進学し、演劇部に所属します。

演劇部では入学してすぐに主役に抜擢され、なんと3年間主役を務めたんだそうです!

 

ひよりん
高校生の頃から演技力に光るものがあったんだね!

 

大学は自宅から通える京都造形芸術大学に入学し映画製作や演技を学べる映画学科俳優コースを専攻します。

大学在学中の2010年、オーディションに合格してNODA・MAP公演「ザ・キャラクター」で舞台に初出演します。

その後も数々の舞台に出演し、演劇界では注目の存在となります。

大学卒業後に上京し、2011年からは映画やテレビドラマにも出演するようになり、演技力の高さが評価され、7つもの新人賞を受賞し、とても話題になりました。

それ以降も様々な役柄を見事に全て演じきり、数々の賞を受賞するなど、女優として大変活躍されています。

 

ひよりん
一途に夢を追いかけてしっかり叶えてる黒木さんは凄い!

 

 

父親とのエピソード

黒木華さんは、「くろきはな」ではなく、「くろきはる」という読み方ですが、これは本名です。

名前は黒木さんの父親がつけたそうですが、その時のエピソードが、娘の人生が春のように華やかなものになって欲しいという願いから「華」と書いて「はる」と命名したそうです。

 

ひよりん
まさに春のような華やかな人生を送られていますね!

 

母親とのエピソード

黒木さんが女優を目指すきっかけを作ってくれたのは母親だったそうです。

映画や芝居が大好きな母親は、よく映画や芝居を見に行っていたそうですが、黒木さんと弟が小さい頃から、たびたび映画や芝居に一緒に連れて行ってくれていたそうです。

黒木さんのお母さんはとてもポジティブな人だそうで、黒木さんはお母さんをとても尊敬しているそうです。

黒木さんはお母さんとは反対にネガティブな部分が多く、仕事の悩み等を相談して励ましてもらう事も多いとか!

いつも黒木さんを応援し、支えてくれるのが母親なんだそうです。

 

黒木さんは家族仲はとても良いと語られているので、とっても温かい家庭なんだと思います。

 

 

テレビ初出演はナイトスクープ!

 

初めてのテレビ出演は探偵ナイトスクープだったとか!

 

2003年、黒木さんが小学校6年生のころ、朝日放送の人気番組『探偵ナイトスクープ』に家族で出演されています。

 

※この番組は、視聴者である依頼者が日常で気になることを探偵に扮した芸人と一緒に調査したり解決したりする番組です。

この時の依頼内容は、『華さんが運動神経がない』ということを母親が友人に送ったメールに、負けず嫌いな性格である黒木華さんが怒り、足を高くあげるという特技を母親に披露して驚かせる!という内容でした。

 

黒木さん自ら依頼を出し、見事採用され家族で出演されました!

 

黒木華所属事務所「パパドゥ」

黒木さんが所属するパパドゥという事務所には他にどんな俳優さんが所属しているんでしょうか?

気になったので調べてみました。

  • 永山瑛太(ながやまえいた)
  • 永山絢斗(ながやまケント)
  • 江口洋介(えぐちようすけ)
  • 工藤阿須加(くどうあすか)
  • 伊武雅刀(いぶまさとう)
  • 風吹ジュン(ふぶきじゅん)
  • 京野ことみ(きょうのことみ)

 

永山瑛太さんと永山絢斗さん兄弟で所属されてるんですね!

実力派俳優揃いですね!

 

黒木華の演技力が凄い理由3つ

黒木華さんの演技力が凄い理由を3つにまとめてみました。

理由①

幼いころから映画や芝居を見てきたこと。

 

幼い頃から映画や芝居を見てきた事が今の黒木さんの演技の基礎になっているんじゃないでしょうか?

ひよりん
小さい頃の経験って大事ですね!

 

理由②

「女優になる」という明確な夢を持ち続けた事。

 

女優になるためにはやはり演技力は必要なので、黒木さんはその夢をかなえるために演技をしっかり学ばれています。

 

理由③

女優への夢に向かって「努力」をした事

 

黒木さんは幼い頃から一途に「女優」への夢に向けて努力をされてきたと思います。

例えば、高校は演劇部が有名な追手門学院高等学校へ進学され、演劇部で、演劇をしっかり学ばれています。

さらに、大学では京都造形芸術大学 芸術学部映画学科俳優コースに通い、本格的に女優になるために努力をされています。

 

黒木さんの演技力が凄い!と言われる理由は、これら3つがあったからではないでしょうか!

小さい頃からの夢を叶えてしまうなんて並大抵の努力ではなかったと思います!

 

黒木華の代表作

黒木華さんはデビュー以来数々の映画やドラマに出演してきています。

その中で一部を紹介します。

映画

  • 2013年7月20日『シャニダールの花』:主演、美月響子 役
  • 2014年1月25日『小さいおうち』:布宮タキ 役
  • 2014年3月7日『銀の匙 Silver Spoon』:南九条あやめ 役
  • 2015年1月31日『繕い裁つ人』:葉子 役
  • 2015年2月28日『幕が上がる』:吉岡美佐子 役
  • 2015年12月12日『母と暮らせば』:佐多町子 役 なし
  • 2016年3月26日『リップヴァンウィンクルの花嫁』:主演・皆川七海
  • 2017年5月27日『ちょっと今から仕事やめてくる』:五十嵐美紀 役
  • 2017年6月3日『海辺のリア』:伸子 役
  • 2018年10月13日『日日是好日』:主演・典子
  • 2018年10月19日『億男』:大倉万佐子 役
  • 2018年11月1日『ビブリア古書堂の事件手帖』:主演・篠川栞子 役
  • 2018年12月7日『来る』:田原香奈 役
  • 2019年4月6日『どちらを』:主演・二宮多恵 役
  • 2020年9月25日『甘いお酒でうがい』:若林ちゃん 役
  • 2020年10月2日『浅田家!』: 川上若奈 役
  • 2020年10月9日『星の子』:昇子さん 役

 

黒木さんはドラマというより映画によく出演されているイメージですね!

テレビドラマ

  • 2012年10月1日~2013年3月28日『純と愛』(NHK):田辺千香 役
  • 2014年4月24日 - 9月27日『花子とアン』(NHK):安東かよ 役
  • 2016年1月 ~ 12月『真田丸』(NHK):梅 役
  • 2018年1月 ~12月『西郷どん』(NHK):西郷糸 役
  • 2013年10月9日 ~12月18日『リーガルハイ』(フジテレビ):本田ジェーン 役
  • 2015年4月26日 ~ 7月12日『天皇の料理番』(TBS):高浜俊子 役
  • 2016年4月 ~ 6月『重版出来!』(TBS):主演・黒沢心 役
  • 2017年5月13日 ~ 7月8日『みをつくし料理帖』(NHK):主演・澪 役
  • 2018年10月10日 ~12月12日『獣になれない私たち』(日本テレビ):長門朱里 役
  • 2019年7月19日 ~9月20日『凪のお暇』(TBS):主演・大島凪 役
  • 2021年4月~『イチケイのカラス』(フジテレビ):坂間千鶴 役

 

黒木さんはドラマでも朝ドラや大河ドラマなどにも出演され、順調に女優の道を歩んでこられています。

 

黒木華さんが出演した、2020年10月に公開された映画『浅田家!』のブルーレイ&DVDが2021年3月17日(水)に発売されると発表がありました!

この作品は、黒木華さんの他に、二宮和也さん、妻夫木聡さん、菅田将暉さん等が出演されていて、とても話題となった作品です!

ブルーレイ&DVDの予約が始まっています。

 

購入できる通販サイトは3つです。豪華版には豪華特典映像も入っているそうです!

  • 楽天ブックス
  • Amazon
  • Yahooショッピング

 

\ブルーレイはコチラ/

 

\DVDはコチラ/

created by Rinker
東宝
¥15,800 (2021/10/24 13:19:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

今後の出演予定

黒木さんの2021年の予定を見ていきます!

 

テレビドラマ『イチケイのカラス』

 

イチケイのカラスの放送時間

  • 初回放送日時:4月の月曜日、21:00~
  • 放送時間:毎週月曜日21:00~21:54
  • 放送テレビ局:フジテレビ

初回の放送日はまだ発表がありません。

 

イチケイのカラスの原作

イチケイのカラスの原作は、浅見理都『イチケイのカラス』(講談社モーニングKC刊)が原作です。

イチケイとは「東京地方裁判所第3支部第1刑事部」のことで、カラスとは、裁判官が身にまとう真っ黒なマントのような法服のことです。

今まで日本では、刑事裁判官を主人公にしたドラマはなかったので、注目したいです!

 

黒木華さんの役どころは?

黒木さんが演じるのは、超堅物エリート裁判官、「坂間千鶴」です。

そして主演を演じるのは竹野内豊さん。型破りなクセあり裁判官、「入間みちお」を演じます。

 

原作では、黒木華演じる「板間」がシュッとした男性エリート裁判官で主人公です。「坂間」が新しく赴任したイチケイのクセあり裁判官、「入間みちお」が主要な脇役となっています。

 

ひよりん
ドラマでは、主人公や登場人物の性別を変えたことで、竹野内豊さんと黒木華さんの恋愛など、原作マンガにはなかったドラマも描かれるかもしれませんね!

 

竹野内豊さんが月9の主演を演じるのはなんと『流れ星』以来11年ぶりとの事!

竹野内豊さんと黒木華さん初共演のドラマ!今から楽しみです!

 

あらすじ

型破りなクセあり裁判官の入間みちお(竹野内豊)と超堅物エリート裁判官の板間千鶴(黒木華)は性格も事件へのアプローチも全く真逆。そんな二人が、運命の出会いを果たした時、難事件に隠された真実が明らかになっていく!

最初は対立する二人ですが、次第に相手の考え方を受け入れて、成長していきます。

 

黒木華さんの今後の予定で分かっているのは4月スタートのドラマ『イチケイのカラス』のみです。

今後また映画などにも出演されるとおもうので、楽しみにしたいと思います。

 

まとめ

演技力が凄い!と言われる黒い華さんについてまとめてきました。

演技力が凄い理由は幼いころから「女優になる」という強い気持ちからきてるのではないかと思いました。

どんな役も見事に演じ切る演技力はさすが!ですね。

今後の黒木華さんの作品も楽しみにしています!

Sponsored Link

Sponsored Link

-エンタメ

© 2021 ブログ日和