夕焼けの前で喧嘩する男女

格闘技

ムサエフのRIZINでの対戦成績まとめ!入場曲や戦争についても

Sponsored Link

アゼルバイジャン出身の総合格闘家トフィック・ムサエフ選手。

ムサエフ選手は日本の総合格闘技、RIZIN(ライジン)で華々しくデビューを飾り、現在注目の総合格闘家です。

そんなムサエフ選手のRIZINでの対戦成績(戦績)や入場曲についても紹介していきます。

 

ひよりん
ムサエフ選手は母国の戦争にも召集された経験があるんです

ムサエフ選手の出身地やプロフィール・経歴と合わせて戦争についてもまとめていきます。

 

ムサエフのRIZIN(ライジン)の対戦成績(戦績)

ムサエフ選手のRIZIN(ライジン)での対戦成績(戦績)を紹介します。

開催日 対戦相手 大会名 結果
2021年6月13日 ホベルト・サトシ・ソウザ RIZIN.28
【RIZINライト級王座決定戦】
1R 1:12 三角締め X
2019年12月31日 パトリッキー・フレイレ RIZIN.20
【RIZINライト級トーナメント 決勝】
5分3R終了 判定3-0 ◎
2019年12月31日 ジョニー・ケース RIZIN.20
【RIZINライト級トーナメント 準決勝】
1R 2:47 TKO ◎
2019年10月12日 ダミアン・ブラウン RIZIN.19
【RIZINライト級トーナメント 1回戦】
1R 4:14 TKO ◎
2019年6月2日 ダロン・クルックシャンク RIZIN.16 5分3R終了 判定3-0 ◎
2018年12月31日 大尊伸光 RIZIN.14 2R 1:19 TKO ◎

RIZINでの戦績は、6戦、5勝1敗です。(2021年11月現在)

 

RIZIN(ライジン)に出場前の戦績は、16戦、13勝3敗です。

 

ムサエフのRIZIN入場曲は?

ムサエフ選手のRIZINの入場曲を紹介します。

 

2019年12月31日、大晦日でのRIZIN20の時の入場曲はコチラ↓

※↓YouTubeに飛びます

Abu AliのMy Loveという曲です。

ちなみにこの曲は、アゼルバイジャン出身のヴガール・ケラモフ選手も入場曲として使用していました。

 

ムサエフのプロフィール&経歴

ムサエフ選手のプロフィールを紹介します。

  • 名前:トフィック・ムサエフ(Tofiq Musayev)
  • 生年月日:1989年12月15日
  • 年齢:31歳(2021年11月現在)
  • 出身地:アゼルバイジャンのバクー(首都)
  • 身長:178cm
  • 体重:71kg(ライト級~ウェルター級)
  • 所属:ORION FIGHT CLUB
  • バックボーン:空手、テコンドー、散打、レスリング
  • Twitter:@Tofiq__Musayev
  • Instagram:tofiq__musayev

 

ムサエフ選手の経歴を簡単にまとめます。

  • 12歳で空手を始める。
  • 2013年5月(23歳):総合格闘技プロデビュー戦 勝利
  • 2016年:中国のCWFLに参戦し2連勝
  • 2018年:母国でのWFCAでロシアの英雄マリフ・ピラエフと対戦し、勝利
  • 2018年12月31日:RIZIN初参戦で大尊伸光と対戦し、RIZIN初勝利を収める
  • 2019年6月:RIZIN.16に参戦し、勝利(RIZIN2連勝)
  • 2019年10月:RIZIN『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 ライト級トーナメント』へ参戦し準決勝進出
  • 2019年12月31日:RIZIN20で勝利をおさめ、ライト級グランプリ優勝
  • 2021年6月:RIZIN.28でホベルト・サトシ・ソウザと対戦し、惜しくも敗れました

 

トフィック・ムサエフ選手は12歳の頃に空手を始め、2013年の5月にアゼルバイジャン国内のプロモーションにてプロ総合格闘技デビューを果たしました。

デビュー当初の数戦は、ウェルター級で戦っていましたが、その後ライト級に階級を落とし、メキメキと力を付けていきます。

日本のRIZINデビューは2018年の大晦日。大尊伸光選手と対戦し、RIZIN初勝利を収めています。

その後、2019年大晦日に参戦したRIZIN.20ではライト級グランプリで優勝を収めた事で、母国のアゼルバイジャンでは大騒ぎとなり、英雄として扱われるようになりました。

その後、2020年はコロナウィルスの影響で入国できず、また、戦争に召集されたことからしばらく戦いの場から離れます。

復帰戦として2021年6月のRIZIN.28のRIZIN初代ライト級王者戦では惜しくもホベルト・サトシ・ソウザ選手に敗れ、王者獲得を逃しました。

 

ムサエフ選手の獲得タイトルはコチラ↓

  • RIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 ライト級トーナメント優勝(2019年)

 

母国アゼルバイジャンでの戦争とは?

ムサエフ選手の母国のアゼルバイジャンでは、古くから隣国アルメニアと領土争いを続けています。

 

領土争いから度々紛争も起きています。

2020年9月に、第2次ナゴルノ・カラバフ紛争が起きた事をきっかけに、ムサエフ選手は母国アゼルバイジャン国軍に徴兵され兵役につきました。

ただ、アゼルバイジャンの徴兵制度は強制ではなく志願制との事なので、ムサエフ選手は自ら志願して兵役に就いた事になります。

そして、それから2か月後の2020年11月10日にロシアの仲介でアゼルバイジャン・アルメニア両国の間で停戦合意が交わされました。

 

今後UFCへの参戦もある?

UFCは、アメリカの総合格闘技を行う団体で、世界最高峰の団体だと言われています。

そんなUFCに今後ムサエフ選手は参戦する事はあるのでしょうか?

多くの総合格闘家たちがUFC目指しているのでムサエフ選手も今後参戦する事もあるかもしれません。

 

まとめ

ムサエフ選手のRIZINでの戦績についてまとめてきました。

母国アゼルバイジャンを愛するムサエフ選手は日本でもファンが多く、RIZIN.33大晦日2021の参戦にも期待が高まっています。

日本でムサエフ選手の入場曲を聞きたいという声も上がっています。

Sponsored Link

Sponsored Link

-格闘技

© 2022 ブログ日和