駅伝

駅伝

第98回箱根駅伝2022/山梨学院大学のエントリーメンバーは?注目選手も紹介

Sponsored Link

2022年1月2日(日)と1月3日(月)に行われる第98回箱根駅伝。

出場はシード校10校と予選会で勝ち抜いた10校に学生連合の1チームを加えた21チームです。

その中で今回は前回大会19位で、予選会から出場権を獲得した山梨学院大学についてまとめていきます。

第98回箱根駅伝2022に出場する山梨学院大学のエントリーメンバーや過去の成績、順位やタイム、結果などをまとめていきます。

また、注目選手や監督の経歴も紹介します。

第98回箱根駅伝2022の開催前に山梨学院大学の注目選手や過去の成績などをチェックして応援しましょう!

第98回箱根駅伝2022/山梨学院大学のエントリーメンバーや注目選手は?

第98回箱根駅伝2022山梨学院大学のエントリーメンバーを紹介します。

 

昨年は12月10日に16名以内のエントリーメンバーの発表がありました。

  • 川口航士郎 4年 
  • 坪井海門  4年 
  • 成毛志優  4年 
  • 松倉唯斗  4年 
  • 矢島洸一  4年 
  • ポールオニエゴ 4年 
  • 石部夏希  3年 
  • 伊東大暉  3年 
  • 岩谷翼   3年 
  • 橘田大河  3年 
  • 木山達哉  3年 
  • 篠原楓   3年 
  • 北村惇生  2年 
  • 新本駿   2年 
  • 髙木翔瑛  2年 
  • 高田尚暉  1年 

 

↓区間エントリーは12月29日に発表されました↓

  • 1区 木山達哉(出身校:尽誠学園)
  • 2区 ポール オニエゴ(出身校:モゴンガ/ケニア)
  • 3区 高木翔瑛(出身校:熊本工業)
  • 4区 伊東大暉(出身校:鹿児島実業)
  • 5区 成毛志優(出身校:富里)
  • 6区 矢島洸一(出身校:山梨学院)
  • 7区 川口航士郎(出身校:東海大山形)
  • 8区 坪井海門(出身校:明成)
  • 9区 石部夏希(出身校:相洋)
  • 10区 篠原楓(出身校:新居浜東)

 

<補欠>

  • 松倉唯斗(出身校:明成)
  • 岩谷翼(出身校:学法石川)
  • 橘田大河(出身校:山梨学院)
  • 北村惇生(出身校:世羅)
  • 新本駿(出身校:報徳学園)
  • 高田尚暉(出身校:花輪)

 

2022年度の主将は、4年生の松倉唯斗選手です。

山梨学院大学の注目選手はこちら↓

  • 松倉唯斗(まつくらゆいと)選手 4年生

出身高校:明成高校

松倉唯斗選手は、2021年関東インカレ10000m1部で11着となり、山梨学院大学の日本人エースです。

2022箱根駅伝予選会では、全体21位の1:03:01というタイムを記録しました。

箱根駅伝には今まで出場経験はありませんが、4年生で最初で最後の箱根駅伝に臨みます。

 

もう一人の注目選手も紹介します。

  • 木山達哉選手(3年生)

出身高校:尽誠学園

木山選手は現在3年生で、2022箱根駅伝予選会では全体27位の1:03:16というタイムでした。

木山選手は2021年箱根駅伝に7区で出場経験があります。

その時は区間20位という結果でした。

 

留学生のポール・オニエゴ選手にも注目!

ポール・オニエゴ(4年生)

出身高校:モゴンガ高校(ケニア)

昨年の箱根駅伝では4区、区間賞に輝く走りを見せてくれました。

2022年箱根駅伝予選会では全体7位の1:02:15というタイムでした。

2022年箱根駅伝本選でも期待されています。

 

 

昨年2021年箱根駅伝のエントリー選手を参考までに紹介します。

  • 1区 新本駿   1年
  • 2区 森山真伍  4年
  • 3区 島津裕太  1年
  • 4区 瀬戸祐希  4年⇒ポール オニエゴ 3年
  • 5区 星野一平  2年
  • 6区 矢島洸一  3年⇒日影優哉 4年
  • 7区 木山達哉  2年
  • 8区 篠原楓   2年
  • 9区 遠藤悠紀  4年
  • 10区 渡邊晶紀   3年

※→は当日変更したメンバーです。

 

(補欠)

  • 荒井祐人  4年
  • 坪井海門  3年
  • 松倉唯斗  3年
  • 伊東大暉  2年

 

 

参考

  • エントリーメンバーの変更は、往路、復路共に、当日の午前6時50分まで可能。
  • 当日変更できる人数は往路、復路2日間で計6人です。
  • 1日に変更が可能なのは最大4人までです。

 

 

箱根駅伝グッズを買って応援したい方必見!グッズの購入方法はコチラ↓

⇒箱根駅伝2022グッズの購入方法はコチラ

 

箱根駅伝2022予選会・山梨学院大学のメンバー記録

参考までに箱根駅伝出場を決めた箱根駅伝2022予選会の山梨学院大学のメンバー12人の記録も紹介します。

 

選手 着順 タイム
ポール・オニエゴ(4) 7 1:0215
松倉唯斗(4) 21 1:0301
木山達哉(3) 27 1:03:16※自己ベスト
高田尚暉(1) 83 1:04:03※自己ベスト
伊東大暉(3) 84 1:04:04※自己ベスト
新本駿(2) 97 1:04:19
成毛志優(4) 134 1:04:43
坪井海門(4) 150 1:04:58
石部夏希(3) 159 1:05:10※自己ベスト
篠原楓(3) 178 1:05:26
川口航士郎(4) 258 1:06:40
砂川大河(1) 260 1:06:42※自己ベスト

予選会への参加は12名で、記録は上位10名の合計タイムで争います。

総合タイム: 10時間41分15秒

山梨学院大学は総合タイムで4位になり、箱根駅伝出場を決めました。

 

ちなみに予選会のタイム10位までは以下の通りです。

  1. 10:33:22  明治大学  
  2. 10:37:38  中央大学
  3. 10:39:32  日本体育大学
  4. 10:41:15  山梨学院大学
  5. 10:41:57  神奈川大学
  6. 10:42:12  法政大学
  7. 10:43:08  中央学院大学
  8. 10:44:47  駿河台大学
  9. 10:44:58  専修大学
  10. 10:45:41  国士舘大学

2022箱根駅伝予選会への出場校は全部で41校でした。

 

山梨学院大学駅伝部の詳細は下記から確認できます。

⇒山梨学院大学の公式サイトはコチラ

 

山梨学院大学の2022箱根駅伝のエントリーメンバーの発表が楽しみです。

 

山梨学院大学の監督の経歴

山梨学院大学の監督の経歴を紹介します。

  • 名前:飯島理彰(いいじままさあき)
  • 生年月日:1971年9月13日
  • 出身地:神奈川県
  • 出身高校:壮田高校
  • 出身大学:山梨学院大学

(画像向かって左が飯島監督です。)

山梨学院大学の飯島監督は、2019年2月に監督に就任されました。

監督の箱根駅伝での成績は以下の通りです。

  • 第67回大会:1区 8位 1時間5分30秒
  • 第68回大会:4区 5位 1時間5分21秒
  • 第69回大会:1区 4位 1時間3分24秒
  • 第70回大会:4区 2位 1時間3分38秒

 

 

箱根駅伝を外出先でも視聴したい方必見!スマホで観る方法はコチラ↓

⇒箱根駅伝2022をスマホで視聴する方法はコチラ

 

第98回箱根駅伝2022/山梨学院大学の順位やタイム・結果まとめ

第98回箱根駅伝2022の山梨学院大学の順位や結果は分かり次第追記いたします。

 

 

参考までに昨年の箱根駅伝の各区間の順位やタイム・記録を紹介します。

昨年第97回箱根駅伝の順位、タイム、結果はコチラ↓

  • 往路: 5:38:38 18位
  • 復路: 5:38:58 20位
  • 総合: 11:17:36 19位

往路

区間 名前 順位 タイム
1区 新本駿  1 20 1:05:04
2区 森山真伍  4 18 1:10:19
3区 島津裕太  1 16 1:05:13
4区 ポール・オニエゴ 3 1 1:02:15
5区 星野一平  2 15 1:15:47

 

復路

区間 名前 順位 タイム
6区 日影優哉  4 10 59:06
7区 木山達哉  2 19 1:06:15
8区 篠原楓  2 20 1:07:58
9区 遠藤悠紀  4 18 1:12:57
10区 渡邊晶紀  3 18 1:12:42

 

2022年の箱根駅伝はどんな戦いになるのか楽しみです。

 

箱根駅伝の山梨学院大学の過去の成績や優勝回数は?

箱根駅伝の山梨学院大学の過去5大会の成績もまとめていきます。

年度 総合順位 総合タイム 往路順位 往路タイム 復路順位 復路タイム
第95回2019年 21位 11:24:49 22位 5:44:16 19位 5:40:33
第94回2018年 18位 11:23:24 16位 5:38:07 19位 5:45:17
第93回2017年 17位 11:29:17 16位 5:41:56 18位 5:47:21
第92回2016年 8位 11:11:51 4位 5:33:24 10位 5:38:27
第91回2015年 9位 11:10:43 13位 5:38:53 5位 5:31:50

※第96回箱根駅伝は出場していません。

山梨学院大学は2016年の第92回大会以来シード権を獲得できていません。

 

箱根駅伝の歴史

  • 出場回数:35回
  • 優勝回数:3回(1992年、1994年、1995年)

山梨学院大学は今大会で2年連続35回目の出場となります。

箱根駅伝での優勝回数は3回です。

 

まとめ

第98回箱根駅伝2022の山梨学院大学のエントリーメンバーや順位、結果についてまとめてきました。

過去の順位や結果、優勝回数についても紹介しています。

山梨学院大学は少し前には毎年上位争いでシード権獲得を果たしていましたが、ここ最近の箱根駅伝ではシード権を逃す大会が続いているので、今年はシード権獲得なるかにも注目です!

第98回箱根駅伝2022の山梨学院大学の走りが楽しみです。

Sponsored Link

Sponsored Link

-駅伝

© 2022 ブログ日和