オリンピックメダル

東京オリンピック

東京オリンピック聖火ランナーのアンカーは誰?歴代アンカーから予想

Sponsored Link

いよいよ東京オリンピックがもうすぐ始まりますね!全国各地で行われている聖火リレーも終盤を迎えようとしています。

東京オリンピックの聖火ランナーのアンカーは誰なのか?最終点火人は誰なのか?

歴代のアンカーから予想していきます。

東京オリンピック聖火ランナーの最終点火人は誰?

東京オリンピックの聖火ランナーの最終点火人は誰なのか?気になりますね!

これに関しては事前に発表がないので、本番までのお楽しみという所です。

噂などでは、フィギュアスケートの「羽生結弦選手」か、競泳の「池江璃花子選手ではないかと言われています。

羽生結弦選手は宮城県出身で東日本大震災の被災者であり、「復興五輪」をうたう大会の象徴する存在と名をあげています。

またフィギュアスケートで五輪二連覇を成し遂げていることから最終点火人に選ばれる可能性が高いのです。

池江璃花子選手は2019年に白血病を患ったと診断され、過酷な闘病生活から奇跡の復活を遂げ、オリンピック出場の切符を手にしました。

そして2020年に国立競技場から世界に向けてスピーチする大役も担っています。

2人の他にもテニスの「大坂なおみ選手」や、ゴルフの「松山英樹選手」など色々な憶測が飛び交っています。

いったい誰になるのか楽しみですね!

 

オリンピック聖火ランナー歴代アンカーを振り返る

それでは、2000年~2016年まで過去5大会の夏季オリンピックの聖火ランナーのアンカーを振り返ります。

 

2000年 シドニーオリンピック:キャシー・フリーマン

シドニーオリンピックの聖火ランナーアンカーを務めたのはオーストラリア生まれの陸上選手のキャシー・フリーマンさん

400mで2つの世界選手権を制覇し、シドニーオリンピックの400mでは金メダルを獲得している実力のある女性です。

2003年に現役を引退しています。

 

2004年 アテネオリンピック:ニコラオス・カクラマナキ

2004年のアテネオリンピックで聖火アンカーを務めたのはギリシャ出身の「ニコラオス・カクラマナキス」さんです!

ニコラオス・カクラマナキスは、セーリングの選手です。

1996年のアトランタオリンピックで金メダルを獲得しており、ミストラル世界選手権では3年連続優勝の実績を持っています。

 

 

2008年 北京オリンピック:李寧

北京オリンピックの聖火リレー最終ランナーを務めたのは中国の元体操選手の李寧です。

世界体操選手権でチームの中心人物となり優勝に導きました。

ソウルオリンピックのあと現役を引退し、スポーツブランドを展開する事業を立ち上げて、現在は実業家です。

 

2012年 ロンドンオリンピック:複数人

ロンドンオリンピックの聖火リレーは、次世代を担う10代の選手達がアンカーでした。

陸上競技のデジリー・ヘンリーケイティー・カークエイダン・レイノルズアデル・トレイシーに、セーリングのカラム・エアリー、ボート競技のキャメロン・マクリッチー、(非アスリート)ジョーダン・キットの7名がアンカーを務めました。

 

2016年 リオデジャネイロオリンピック:バンデルレイ・デ・リマ

2016年リオデジャネイロオリンピックの聖火アンカーを務めたのはブラジル出身の「バンデルレイ・デ・リマ」さんです

2004年のアテネオリンピックの男子マラソンに出場した際、他の選手から妨害されるも銅メダルを獲得した事で話題となりました。

 

東京オリンピック聖火ランナー最終ランナーを予想してみた

過去の最終ランナーから、東京オリンピックの聖火ランナーの最終ランナーを予想していきたいと思います。

 

予想① 吉田沙保里

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 吉田沙保里 (@saori___yoshida)

レスリングの元世界王者「吉田沙保里」さんは、国民から広く愛されており、オリンピック3連覇・4大会連続のメダル獲得・世界大会16連覇・個人戦206勝などの偉業を成し遂げています。

また、国民栄誉賞を受賞しています。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは日本選手団主将を務めており、人望の厚い彼女なら選ばれても誰もが応援すると思います!

 

予想② 北島康介

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kosuke Kitajima (@kosuke5890)

北島康介さんは、元競泳選手でアテネオリンピック、北京オリンピックでは100m平泳ぎ・200m平泳ぎで金メダルを獲得している実力者です。

金メダルを獲得した当時、誰もがテレビの前で盛り上がったと思います。

今は現役引退をして「東京都水泳協会会長」に就任しています。他にも数々の実績を持ち、オリンピックに関わりがあったことからランナーに選ばれる可能性は十分高いと思います。

 

予想③ 浅田真央

フィギュアスケートといえばこの人!とすぐに名前が上がる浅田真央さん。

世界選手権では3回優勝、グランプリファイナル4回優勝、四大陸選手権3回優勝、全日本選手権6回優勝ととんでもない実績の持ち主です。

バンクーバーオリンピックでは銀メダルを獲得しています。

その演技も素晴らしく、女子シングル史上初めて1つの競技会中に3度の3回転アクセルを成功させています。

現在はプロスケーター・タレントとして活動しており、愛嬌のある性格で「好きなスポーツ選手ランキング」では何度も1位を取るなど老若男女問わず人気があります。

 

まとめ

聖火リレーのアンカーを務める方は皆オリンピック又はスポーツで実力・実績を残している方が務めていますね!

夏季オリンピックは暑い中必死に戦っている選手たちを見ると元気をもらえますし、ランナーにも勇気をもらえます。

東京オリンピックのアンカーが誰になるのか楽しみです!

Sponsored Link

Sponsored Link

-東京オリンピック

© 2021 ブログ日和