オリンピックメダル

東京オリンピック

東京オリンピック開会式の日本代表ユニフォームのデザインは?歴代ユニフォームも振り返る!

Sponsored Link

オリンピックの開会式で着用するユニフォームは毎回注目されます。

東京オリンピックのユニフォームのデザインも気になります。

今年の東京オリンピック開会式で着用する日本代表ユニフォームと、過去話題になってきたユニフォームを振り返ろうと思います。

東京オリンピック開会式の日本代表ユニフォームのデザインは?

東京オリンピックのユニフォームを見ていきましょう!

 

開会式用のユニフォーム

東京オリンピックユニフォーム

FASSION SNAP」より画像引用

日本の国旗をイメージした白と赤です。

 

式典用のユニフォーム

東京オリンピックユニフォーム

FASSION SNAP」より画像引用

 

オリンピック歴代日本代表ユニフォームを振り返る

夏季のオリンピックの開会式で着用していた過去5大会の日本代表のユニフォームを振り返っていきます。

 

2000年 シドニーオリンピック

シドニーオリンピックの開会式のユニフォームは、レインボーのマントです。かなり目立ちますね。

今までは白と赤が基調となったユニフォームだったので、日本っぽくなく、当時大きな話題となりました。

 

2004年 アテネオリンピック

アテネオリンピックの開会式のユニフォームは画像右側の花柄ユニフォームです。

 

2008年 北京オリンピック

北京オリンピックユニフォーム

日本オリンピック委員会」より画像引用

こちらはブレザーは黒で、女性は赤いリボンを着用しています。下は真っ白な生地を使用しており清潔感のあるユニフォームになっています。

 

2012年 ロンドンオリンピック

真っ赤なブレザーとグレーのブレザーです。開会式用と式典用で分かれており、下のスラックスは白で統一してあります。

高島屋オリジナル

 

2016年 リオデジャネイロオリンピック

シンプルなユニフォームですね!

 

話題を集めた過去のオリンピック日本代表ユニフォーム

アテネオリンピックサッカーユニフォーム

日本サッカーミュージアム」より画像引用

これは2004年アテネオリンピックのサッカー選手のユニフォームになります!

THE・日本といった感じでかっこいいと話題になり、男子も女子も同じユニフォームを着用しました。

 

 

こちらは2012年ロンドンオリンピックでのレスリングのユニフォームになります。派手に虎の顔が中心に描いてあり、ある意味話題となりました。

 

リオオリンピック陸上ユニフォーム

日本陸上競技連盟公式サイト」より画像引用

こちらは2016年リオデジャネイロオリンピックの陸上競技のユニフォームです。真っ赤でシンプルでかっこいいですね!

 

 

各国のオリンピックユニフォームまとめ

各国のオリンピックのユニフォームを見ていきましょう!

今回は前回のオリンピック、リオデジャネイロオリンピックの各国のユニフォームを見ていきます。

また、東京オリンピックのユニフォームも紹介します。

 

カナダ

こちらはカナダ人の双子デザイナーがデザインしました。ブランド名は「DSQUARED2(ディースクエアード)で大手百貨店のHUDSON’BAY(ハドソンベイ)とタッグを組んだものになります。

ストリート系で私服でも着られそうなことから日本人の若者からも人気でした。

 

 

ちなみに先日発表があった、東京オリンピックのカナダ代表、閉会式のユニフォームも話題です!

デニムジャケットにカタカナでカナダと書かれていたり背中にはTOKYOの文字が。

 

イギリス

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Stella McCartney (@stellamccartney)

こちらはAdidasと、元ザ・ビートルズのポールマッカートニーの娘、ステラ・マッカートニーがタッグを組んで作られたものです。

軽量素材で通気性に優れているそうです。

 

東京オリンピックのイギリス代表のユニフォームはコチラ↓

こちらもおしゃれですね!

 

イタリア

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Emporio Armani (@emporioarmani)

こちらはイタリアのスポーツブランドEMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ)のEA7が担当しました。

EMPORIO ARMANIは今までもオリンピックのユニフォームだけでなくパンツやランニングシューズなども手がけています。

 

コチラが東京オリンピックのイタリア代表のユニフォームです↓

 

フランス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lacoste(@lacoste)がシェアした投稿

フランス代表のリオオリンピックのユニフォームです。

開会式、閉会式、全ての大会で着用する衣装を「ラコステ(LACOSTE)」が手がけました。

白とネイビーを基調にしたデザインで、フランスの国旗カラーのワニのシンボルがポイントです。

 

コチラがフランス代表の東京オリンピックのユニフォームです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lacoste(@lacoste)がシェアした投稿

 

 

オーストラリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sportscraft Australia(@sportscraft)がシェアした投稿

オーストラリア代表のリオオリンピック開会式のユニフォームです。

ミントグリーンの「キャンディー ストライプ」のブレザーに白のスカートとハーフパンツ、首元にイエローのタイとスカーフを合わせた涼しげなユニフォームです。

手がけたのは今までにオリンピックのユニフォームを7回制作してきたというオーストラリアのファッション&ライフスタイルブランド「SPORTSCRAFT」です。

 

コチラが東京オリンピックのオーストラリア代表のユニフォームです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sportscraft Australia(@sportscraft)がシェアした投稿

 

まとめ

ユニフォームにはお国柄がハッキリ出ると思いました。

日本は白を基調としていてシンプルなものが多かったですね!

今年のユニフォームも見たら「日本」と分かるような特徴があり清潔感があって良いのではないでしょうか!

開会式も楽しみましょう♪

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-東京オリンピック

© 2021 ブログ日和