虹色背景

東京オリンピック

平野歩夢がカッコイイ!スゴイ経歴やスケートボードに挑戦したきっかけとは!

Sponsored Link

日本選手団史上最年少15歳のとき、冬季オリンピックメダルを獲得したプロスノーボーダー、そしてスケートボーダー平野歩夢選手。

スノーボードハーフパイプ種目にて2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック、2大会連続銀メダルを獲得しています。

そんな彼がオリンピック夏の競技に新たに加わった、スケートボードにも挑戦するとテレビでも話題になったのは記憶に新しいところ。

今回は平野歩夢の経歴と、スケートボードに挑戦したきっかけを調査してみました!

平野歩夢の経歴がスゴイ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

AYUMU HIRANO(@ayumuhirano1129)がシェアした投稿

  • 平野 歩夢(ひらの・あゆむ)
  • 生年月日:1998年11月29日
  • 出身地:新潟県村上市
  • 身長:165cm
  • 体重:50kg

平野歩夢選手は4歳の時、3歳上の兄の影響でスケートボードとスノーボードを始めました。

福島県や山形県のスキー場で練習し、めきめきと上達。

若干10歳、小学4年生ときに、有名スノーボードメーカーバートンと契約を結び、

その後14歳でスノーボード日本代表に選出。

中学生のうちから、全米オープンのジュニアジャムを連覇するなど

若いころからその実力を遺憾なく発揮しています。

 

スノーボードの経歴

主な成績

  • 2013年 Burton European Open HP 1位
  • 2014年 ソチオリンピック HP 2位
  • 2015年 Burton European Open HP 2位
  • 2016年 X Games Oslo HP 1位
  • 2016年 LAAX OPEN HP 1位
  • 2018年 Burton US Open HP 1位
  • 2018年 平昌オリンピック HP 2位

HP=ハーフパイプ

 

2018年平昌オリンピックでの名シーン↓

スケートボードの経歴

実はスノーボードを始めた同時期にスケートボードも始めていた平野選手。

18年2月の平昌五輪後、19年からスケートボードの大会に本格挑戦しました。

スノボ同様の高い空中技などを武器に同年の日本選手権で優勝するなど結果を出し、五輪予選対象の国際大会でも着実にポイントを稼いで日本勢トップにつけていました。

本職スノーボードのオフのトレーニングでスケートボードの練習をすることはあったものの「競技としては全く別物」とキッパリ。

本格的な“二刀流”挑戦は周囲が思うほど簡単なものではないと強調しており、「乗ってる物は似ている雰囲気があるが、こっち(スノボ)がうまいからこっち(スケボー)もうまいというのは現実的にない」と断言していたそうです。

 

平野歩夢が’’二刀流’’スケートボードに挑戦したきっかけは?

平野選手がスノーボードとスケートボードの「二刀流」挑戦を表明したのは2018年11月です。

平昌冬季五輪を終え、4歳の頃から慣れ親しんできたスケートボードで今度は東京五輪出場を目指すことを宣言しました。

 

スケートボードに挑戦したきっかけは、「五輪の正式種目になったのでスルーするわけにはいかない」と力強く語り、新潟・村上市にある実家のスケートパークや、在籍する日大のスケートボード場で練習に打ち込んできました。

コチラの動画でもその事を語られています。↓

東京オリンピック出場決定!

 

2021年5月、アメリカのアイオワ州デモインで開催された五輪予選対象大会DEW TOUR(デュー・ツアー)のスケートボード大会、パーク種目に出場し、国内ランキング1位を決める26位に見事入りました。

この結果により、東京五輪の出場が「当確」しました。

平野選手の大きな目標であった夏冬でのオリンピック出場が確実となりました。

 

まとめ

輝かしいスノーボード競技での活躍もめざましいですが、二刀流としてスケードボード競技でも活躍が期待されます。

東京オリンピック出場も決めたのでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです。

 

7月11日(日)放送の情熱大陸に出演が決まっている平野選手。

東京オリンピック開催間近のこの放送でその胸中を語ってくれることでしょう。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-東京オリンピック

© 2021 ブログ日和