駅伝

駅伝

第98回箱根駅伝2022/法政大学のエントリーメンバーは?順位や結果まとめ

Sponsored Link

2022年1/2(日)と1/3(月)に開催される第98回箱根駅伝2022。

出場校20校に、関東学生連合1チームを合わせた全21チームで争います。

その中で前回大会17位で予選会から出場権を獲得した法政大学についてまとめていきます。

第98回箱根駅伝2022の法政大学のエントリーメンバーや順位やタイム、結果や過去の成績などをまとめていきます。

そんな法政大学を率いる監督の経歴についても紹介します。

第98回箱根駅伝2022の開催を前に法政大学の選手をチェックして応援しましょう!

第98回箱根駅伝2022/法政大学のエントリーメンバーは?

第98回箱根駅伝2022法政大学のエントリーメンバーはまだ発表になっていません。(2021年11月20日現在)

※分かり次第追記いたします。

昨年は、12月10日にエントリーメンバーが発表されました。

 

 

第98回箱根駅伝の法政大学の注目選手はエースの鎌田航生選手です。

昨年の第97回箱根駅伝で1区の区間賞 (1:03:00)を獲得しました。

そして、第24回日本学生ハーフマラソンでも優勝(1:03:00)を飾っていて、まさに勢いにのっている選手です。

第98回箱根駅伝のエースの走りに注目です。

 

 

参考までに昨年のエントリーメンバーを紹介します。

  • 1区 宗像直輝  1年⇒鎌田航生 3年
  • 2区 河田太一平 2年
  • 3区 松本康汰  2年
  • 4区 徳永裕樹  2年⇒清家陸 3年
  • 5区 古海航   4年
  • 6区 須藤拓海  4年
  • 7区 田辺佑典  4年
  • 8区 糟谷勇輝  4年
  • 9区 中光捷   3年⇒川上有生 2年
  • 10区 奥山智広   4年⇒中園慎太朗 2年

⇒は当日変更の選手です。

 

(補欠)
久納碧   3年 経済 福島県 学法石川

稲毛崇斗  1年 社会 宮城県 東北

 

参考

  • エントリーメンバーの変更は、往路、復路共に、当日の午前6時50分まで可能。
  • 当日変更できる人数は往路、復路2日間で計6人です。
  • 1日に変更が可能なのは最大4人までです。

 

⇒箱根駅伝2022グッズの購入方法はコチラ

 

 

第98回箱根駅伝2022予選会のタイムと結果

参考までに箱根駅伝出場を決めた箱根駅伝2022予選会のメンバー12人の記録も紹介します。

2021年10月23日に陸上自衛隊立川駐屯地にて開催されました。

鎌田航生 4年 31位 1:03.27
小泉樹 1年 38位 1:03.32
清家陸 4年 56位 1:03:50
内田隼太 3年 60位 1:03:52
宗像直輝 2年 94位 1:04:17
高須賀大勢 2年 104位 1:04:26
川上有生 3年 122位 1:04:36
中園慎太朗 3年 127位 1:04:38
細迫海気 2年 131位 1:04:39
武田和馬 1年 147位 1:04:55

予選会への参加は12名で、記録は上位10名の合計タイムで争います。

総合タイム: 10時間42分12秒

法政大学は総合タイムで6位になり、箱根駅伝出場を決めました。

 

予選会での記録を見ると、エースの4年、鎌田航生選手が法政大学のトップの記録ですが、注目は2番目の記録の1年生小泉樹選手です。

1年生で箱根駅伝本選出場の期待もかかります。

 

 

ちなにみ第98回箱根駅伝予選会の順位は以下の通りです。

箱根駅伝出場を決めたのは上位10校です。

  • 1位 明治大学
  • 2位 中央大学
  • 3位 日本体育大学
  • 4位 山梨学院大学
  • 5位 神奈川大学
  • 6位 法政大学
  • 7位 中央学院大学
  • 8位 駿河台大学※初出場
  • 9位 専修大学
  • 10位 国士舘大学

2022箱根駅伝予選会への出場校は全部で41校でした。

 

⇒法政大学の公式サイトはコチラ

選手情報は載っていませんが詳細を確認できます。

 

箱根駅伝予選会のメンバーの上位選手が選ばれる可能性が高そうですね。

 

⇒箱根駅伝2022をスマホで視聴する方法はコチラ

 

法政大学の監督の経歴

  • 名前:坪田智夫(つぼたともお)
  • 生年月日:1977年6月16日
  • 出身地:兵庫県三木市
  • 出身高校:神戸甲北高校
  • 出身大学:法政大学

 

法政大学の坪田監督は、法政大学出身で、箱根駅伝に3度出場しています。

  • 1年 5区 14位
  • 3年 2区 3位
  • 4年 2区 区間賞

4年生の時にエース区間2区で見事区間賞を獲得しています。

大学卒業後はコニカミノルタに入社し、2003年にはパリ世界陸上の:1万mの日本代表に選出されました。

 

2012年4月から母校の法政大学の陸上部長距離コーチに就任し、2013年に駅伝監督に就任しています。

 

第98回箱根駅伝2022/法政大学の順位や結果

第98回箱根駅伝2022の明治大学の順位や結果は分かり随時追記いたします。

 

 

参考までに昨年の箱根駅伝の各区間の順位やタイム・記録を紹介します。

昨年の順位、タイム、結果はコチラ↓

  • 往路:16位 5:37:15
  • 復路:17位 6:16:16
  • 総合:17位 11:13:31

往路

区間 名前 区間順位 タイム
1区 鎌田航生  3年 1位※区間賞 1:03:02
2区 河田太一平  2年 19位 1:10:39
3区 松本康汰  2年 12位 1:04:43
4区 清家陸 3年 11位 1:04:09
5区 古海航  4年 12位 1:14;44

 

復路

区間 名前 区間順位 タイム
6区 須藤拓海  4年 15位 1:00:15
7区 田辺佑典  4年 18位 1:05:54
8区 糟谷勇輝  4年 12位 1:06:09
9区 川上有生 2年 17位 1:12:20
10区 中園慎太朗 2年 15位 1:11:39

 

2022年の箱根駅伝の戦いが楽しみです。

 

法政大学の過去の箱根駅伝の成績

法政大学の箱根駅伝の過去の成績や歴史をまとめます。

  • 創部:1919年
  • 箱根駅伝最高成績:3位
  • 箱根駅伝出場:82回

第98回箱根駅伝2022の出場は7回連続出場となります。

箱根駅伝では総合優勝の経験はまだありません。

第2回の箱根駅伝から出場している歴史のある大学で出場回数も82回とかなり多い中で、箱根駅伝総合優勝の経験はまだありません。

この事は箱根駅伝ファンには有名な話です。

ここ数年間、10位以内のシード権も逃しているので2022年こそは!と気合もかなり入っていると思います。

 

まとめ

第98回箱根駅伝2022の法政大学のエントリーメンバーや順位・結果などをまとめてきました。

法政大学は箱根駅伝の歴史は古く、82回の出場回数を誇ります!

ここ数年間シード権獲得を逃しているので今年こそは!と強い意気込みが感じられます。

メンバー発表があり次第追記していきます。

Sponsored Link

Sponsored Link

-駅伝

© 2021 ブログ日和